ミネラルバランスの崩れから癌が発症する

日本人の2人に1人がガン(癌)になる時代。 ガンと診断されれば、本人だけでなくその家族も大きな不安を抱えて生活をする事になります。 ガンは手術をしても再発率が高く、非常に恐ろしい病気ですが、食事療法に大きな効果があると言われています。 アメリカ国立ガン研究所(NCI)によるとガンの要因の35%が食事に関係するとの調査結果もあります。

塩分は体の細胞のミネラルバランスを崩し、がんが発生しやすくなります。 特に胃ガンの場合は、食塩が多いと胃の粘膜が荒れてピロリ菌により胃ガンが発生しやすくなります。

私たち、人体の基礎である細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。内液にはカリュウムがみたされています。カリュウムとマグネシュウムは、これらナトリュウムとカリュウムのバランスを調整する役目を担っています。

このバランスが崩れますと、高血圧やがんなどの現在病が発症します。

 

簡単にミネラルが補給ができる水溶性イオン化カルシュウム

 

         

         f:id:kyotomura4592:20170824185631j:plain

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/