癌は、慢性疲労から

中高年になりますと、昼間から眠い、だるい、気力が出ないなどの慢性的な疲労を抱えている方も少なくありません。年齢のせいで済ませていませんか?

中高年になりますと、慢性的な疲労を抱えている方も少なくありません。慢性的疲労とは、1日の疲れをその日に解消する事が出来なく、翌日も引きづってしまい、疲労が日に日に溜まってしまう症状です。

「もう年だから・・・」って諦めている声も聞きますが、実はこのような症状は、肝臓が弱っている時の症状に非常に似ています。 

肝機能低下のサイン

1、下痢になりやすい、お腹を壊しやすい、脂っこいものが食べられなくなる

2、疲れやすい、慢性疲労

3、身体がピリピリ痒い!肌が黄色い

4、イライラする、怒りっぽい

5、お酒を飲むと体に赤い斑点が出来るようになった 

 

忙しい方ほど、朝食を抜いたり、昼食を食べ損ねたりするケースが多く、その分夕食は遅い時間にドカ食いされている方は要注意!そのような習慣は翌日、朝だるくありませんか?朝、食欲ありませんよね? 通常夜は、肝臓が休憩する時間帯であり、1日摂取した食べ物を栄養素として体に送る作業を行います。

その作業は夜の10時~夜中の2~3時位(個人差にもよりますが目安として)とも言われており、その時間帯にドカ食いをしてしまうと、その処理が遅くなり肝臓に負担をかけてしまいます。 理想としては、1日3食をどんなに無理をしても摂取する事が先決です。

朝起きるのが遅い方は、遅めの夕食を控える又は、朝食の為に軽めに摂取するなどにする。昼食が取れない方は、カロリーメイトなど簡易食を携帯しておくなど1日3食胃の中に入れることで体内のリズムが正常に変わります。

体内のリズムが整う事で、朝はお腹が減り、昼食もそこそこ、夕食の時間帯に18~20時位?お腹が減るといった好循環を生み出します。

これは、肝臓だけでなく、メタボ対策やダイエットにも効果的です。 ビタミン、ミネラルを意識的に摂取 中高年になりますと、会社でも最前線に活躍している年代でもあり、バランスが摂れた食生活は難しいかもしれません。

良い仕事をする為の最低条件は、健康が第一! 健康を保つためには、ビタミン、ミネラルを食事で摂取する。難しのであれば、サプリメントを摂取する習慣を作る事が先決で

す。

癌予防と疲労が抜けるクエン酸水の作り方 

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/