癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌細胞を死滅させる飲物と食物

1.クエサン水

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。
ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。
そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。
ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。「クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。
またガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます  

クエン酸水の作り方は http://ckkm.main.jp/newpage17.htm

2、唐辛子
唐辛子の薬効成分は、一番良いとされるハーブと同じ効果があります。特に消耗性疾患に良く効きます。現代医学はガンを消耗性疾患と呼びます。生の唐辛子でも乾燥した唐辛子でも、どちらも、ガン細胞を効果的に殺し、ガン細胞の増殖を抑えます。
3、ニンニク

古代アジアの導師達は、ニンニクは病気を治す魔法の食べ物だと言っています。ニンニクは病気全般と戦ってくれます。天然の抗ガン作用のある食べ物なのです。
4、ブロッコ
ロッコリは、驚くほど病気を治す力があります。ガンの発生を抑えるスルフォラファンと呼ばれる成分によるものです。研究により、特に乳ガンの場合、スルフォラファンがガン細胞を攻撃することが分りました。ブロッコリのエキスは、ガンを予防し、重症のガンを治す可能性を秘めています。ブロッコリにマスタードやわさびを添えたり大根と一緒に食べると、ブロッコリの抗ガン作用を強めます。1週間に3回から5回、ブロッコリを食べると効果的です。また、ブロッコリスプウトには、同じく抗ガン作用があるミロシナーゼという酵素が多く含まれています。ブロッコリは抗酸化作用があり、また、炎症を防ぎます。皮膚ガン、乳ガン、大腸ガンなどにも非常に効果があります。
5、イチジク
イチジクは性欲を促進します。また、イチジクはガン細胞を麻痺させることが分ってきました。特に前立腺ガンに良く効きます。
6、緑茶
緑茶の素晴らしい効用は5000年前に中国で発見されました。
緑茶は、それほど多くの慢性病に効果的であるとは言えませんが、多くの種類のガンや認知症に効果があります。緑茶は、アルツハイマー病に効果的であり、また、抗ガン作用があります。緑茶は古くから中国で薬として使われてきました。緑茶は生活習慣病予防に効果的だと分かりました。緑茶成分は腫瘍の成長を遅らせます。
まずは、健康的な食生活と適度な運動、そして健康的なライフスタイルを続けることが重要です。緑茶を1日1杯飲むことをお勧めします。

7、高分子コラーゲン

高分子コラーゲンは「マクロファージ」や「リンパ球」の働きを活性化させ、免疫機能を高めます。マクロファージはウイルスや細菌を丸ごと食べて処理してくれる免疫細胞で、コラーゲンを与えたマクロファージは、通常の100倍ものスピードでウイルスや細菌などを退治したという実験結果もあります

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm