アルカリ体質に変えるクエン酸水

ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これでガンは消えて行きます。

アルカリ体質に変えるクエン酸

クエン酸は、細胞の活性化を助けるので疲労回復だけでなく、癌の再発や転移を防いでくれます。

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。
ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。
そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。
ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。「クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。
またガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます  


クエン酸は,腸内で分泌した重曹と混ぜられて、クエン酸リータというアルカリに変ねりますので、身体をアルカリ化させますので、つまり、ガン、糖尿、あらゆる病気に効果があります。

クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。ピタミンB「をほじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにしジン・システインといったアミノ酸などなどが必要です。

 

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/