癌克服・癌医療情報

がん医療情報

ガンを克服するには

ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これでガンは消えて行きます。

アルカリ体質に変えるクエン酸

クエン酸は、細胞の活性化を助けるので疲労回復だけでなく、癌の再発や転移を防いでくれます。

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。
ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。
そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。
ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。「クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。
またガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます  


クエン酸は,腸内で分泌した重曹と混ぜられて、クエン酸リータというアルカリに変ねりますので、身体をアルカリ化させますので、つまり、ガン、糖尿、あらゆる病気に効果があります。

クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。ピタミンB「をほじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにしジン・システインといったアミノ酸などなどが必要です。

クエン酸水を自作して飲む方法を紹介します。
クエン酸 2,5g=小さじ半分に栄養が凝縮された カルマックスを5~6滴を浄水250cc入れれば、クエン酸効果がさらにUPします。

重病の人は、一日75gを目安にして、数時間毎に数回飲むと良いです。力ン0人は、2時毎に6回が良いようです。
クエン酸は約2時間で完全燃焼しますので、一度に摂るよりも何度かに分けて摂る方が効果的です。
症例別、一応の目安です。
◎疲労回復・・・3~5g/日
◎酸性体質の改善・・・2~3g/日
冷え性の改善・・・2~3g/日。
◎結石予防・・・2~3g/日
◎生理不順の改善・・・2~3g/日
◎ミネラルの吸収をよくする・・・カルシウム、マグネシウム亜鉛などのミネラル系サプリメントをとるときに溶かしていっしょに飲む
ちなみに、朝はエネルギ一生成に、夜は疲労回復に優先的に働きます。
酸っぽく飲みづらい方は、果糖、オリゴ糖、蜂蜜など血糖値を上げない糖質を入れて飲んで下さい。

f:id:kyotomura4592:20170907130448j:plain

180通りの使い方で、生活習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage17.htm

 

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。