癌克服・癌医療情報

がん医療情報

がんアメリカの代替医療

アメリカでは、西洋医学に代わる代替医療は、日本よりも10年進んでいると言われています。免疫を上げる食品は、腸内環境の改善、活性酸素の消去、血流の改善、これらにより、結局は自己免疫を向上して、自分自身のナチュラル・キラー細胞を活性化させ、この細胞がガンを攻撃し、ガンを消滅させる事は、自宅においても出来る事です。

免疫さえ上げる事が出来れば、ガンは治ります。アメリカは2001年頃に、ガンの原因は肉食にある事を発表されています。

末期ガンが治っている現実があり、それは実に簡単であり、毎日、ニンジンジュースを飲み続ける事です。

何もガンで死ぬ事などないのです。余命何ケ月と言われ、それをもし信じるなら、その通りに死ぬしかもしれません。

食事以外で気を付けることは、ストレスを溜めないことで、ストレスは、交感神経を過剰にし、顆粒球多発、活性酸素の多発により、細胞が傷つき、再生する時、遺伝子が間違え、ガンの要因となります。 常にリラックスし、のんびりし、副交感神経を優位にし、NK細胞を優位にし、常にガンの殺傷能力を優位にする必要があります。

次は肉類を減らすこと、タンパク質は魚と大豆などで確実に摂り続ける事です。

生野菜を多く食べ、ビタミンを確実に摂り続ける事です。 生野菜は、身体を冷やしますから、煮物を食べる事により、体温を上げてくれます。温度を少し上げるだけでも免疫力は上がります。

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。