癌克服・癌医療情報

がん医療情報

濃縮乳酸菌が免疫力を高める

濃縮乳酸菌の効果
人間の腸管の中には、約100兆個の腸内細菌が存在しています。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の腸内細菌がバランスを取ることで、良好な腸内環境を構築しているのです。
このバランスを維持するには、毎日1兆個の乳酸菌を摂り続けることが推奨(死菌なら)されています。
なぜなら、100兆個の腸内細菌がバランスを崩しているのに、100個程度善玉菌を増やしたところで、バランスは改善されないためです。
では、1兆個の乳酸菌を摂ろうとすると、どれくらい食べなければならないでしょうか?
例えば、ヨーグルトでは100リットル、乳酸菌飲料では4.5リットルにもなります。
現実的な数字ではありませんが、一方、濃縮乳酸菌であれば1包みで1兆個を摂ることができます。

f:id:kyotomura4592:20170829192709j:plainhttp://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。 がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること。免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。