癌克服・癌医療情報

がん医療情報

牛乳のコクがカルマックス数滴入れるだけでよみがえる

f:id:kyotomura4592:20170816174617j:plain

「どうも最近の牛乳は水つぼくておいしくない」
「牛乳にコクがなくなってきたと思わない」
どうも近頃の牛乳はあまり評判がよくないようです。その原因はエサや銅青時の飲み水
の問題や、高温殺菌や乳脹肪分の調整などさまざまな事例があげられます。しかし、なによりも問題になるのは、これらの人的作業のために貴重なカルシウム源である牛乳の栄養バランスが崩れるという点でしょう。
特に高温殺菌した牛乳のカルシウムは、不溶性のカルシウムに変貌しやすいといわれて
おり、吸収しづらいカルシウムがさらに吸収しにくくなるといわれています。
効果的にカルシウムを取り入れるためには、カルシウムがイオン化されていることが望
ましいのです。そのためにも、ぜひ水溶性イオン化カルシウムを活用して、カルシウム補給してほしいものです。

f:id:kyotomura4592:20170816174718j:plain

 

f:id:kyotomura4592:20170816174155j:plain家庭習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm

 

乳製品といえば、毎日必ずヒりたい食品の一つ。ほかの食品に比べ豊富に含まれている
カルシウムも注目に値しますね。
さて、この乳製品をもっとおいしく、しかももっとカルシウムたっぷりの食品に変える
のが水溶fイオン化カルシウム。
ピザ用チーズに使えば伸びがよく、なめらかに溶けます,チーズフォンデュのチーズに
も同じ効果が、また、生クリームのコク、風味をよくする効果もあります。もちろん水に溶けた形のカルシウムを加えるのですから、乳製品がもともと持っていたカルシウムもぐっと吸収されやすくなります

f:id:kyotomura4592:20170816174211j:plain