癌克服・癌医療情報

がん医療情報

朝ご飯がグーントおいしくなる

最近は若者瘤を中心としてパン・コーヒー派が多くなっていると聞きますが、やはり栄
養而や腹もちがいい、などの那由から、「朝ごはん」も見直されています。

そこで食卓の必需品となるのが、味増と醤油。同じ大豆をた原料にするこれらは、
日本を代表する調f料です。もともと米・大店など殻類は、カルシウムやマグネシウム
カリウムなどミネラルを多く含んでいるほうがおいしくなりますから、水溶たイオンitカルシウムを添加すれば、味噌・醤油の風味も当然アップします。もちろん水に人って
いる塩索なども中和し、まろやかにするので、同本料理全般に効果があるといえるでしよう。味偲は、味噌汁や味噌あえなどの料理に使用するときに、味噌10~12グラム当たり少々(4~5滴)加えましょう。

醤油は100ミリリットル当たり少々(6滴)の割合で添加してみましょう。

f:id:kyotomura4592:20170813224207j:plain

f:id:kyotomura4592:20170813224237j:plain

家庭習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm