癌克服・癌医療情報

がん医療情報

カルマックスで、よい塩が簡単につくれる

最近、塩がなにかと話題になっています。本来の塩のよさが再認識されるよう

になり、さまざまな商品が開発され、まさに塩ブームといっても過言ではないでしょう。

もともと海水から堀田法で作られていたころの塩には、少なからず塩化ナトリウム以外のミネラが含まれていました。海水には全ミネラル元素が含まれ、食塩は本来、ミネラルの宝庫である海水の濃縮物であったのが、現在のイオン交換法や平筆塩では、塩化ナトリウムの純度が高い塩しか作られなくなってしまいました。

塩化ナトリウム純度の高い、いわゆる精製塩は、食塩としては偏食の塩ですから、その塩に水溶性のカルシウムやマグネシウムのミネラル類をプラスしなければ、本来の食塩とはなりません。

そこで、水溶化イオン化カルシウムを加えると、まろやかで風味のいい、ミネラルバランスがととのった塩ができあがります。

自然塩も多々出回っていますが、自然塩といえども、カルシウムが含まれる塩は少なく、体によい塩は非常に少ないのが現状です。また、自然塩の場合、塩に含まれる塩化物や硫化物が水を吸ってしまうため、湿って固まりやすく、大変使いにくいのが現状です。ですから、自然塩にも、水溶化イオン仕カルシウムを加えると、カルシウムがたっぷり入った、サラサラで溶けやすい塩ができあがります。

水溶性イオン化カルシウムは、精製塩なら自然塩以上においしく、自然塩ならカルシウムたっぷりのさらにおいしい、本当に体によい塩に変えてしまうというわけです。

近ごろ、カルシウムを添加した塩などもいくつか販売されていますが、カルシウム自体がイオン単分子化されたものは少ないようです。

塩にカルシウムがあっても水に溶かしたら白濁しては溶けていることにはなりません。ミネラルたっぷりのよい塩は、そんなにお金をかけなくても、自宅で簡単に作れるのです。

また、もっと簡単にしたいなら、調理中に、使用する食塩の「割程度の水溶性イオン化カルシウムを加えるだけでもいいでしょう。

さらに、砂糖の話をつけ加えておくと、砂糖はさとうきびなどから作られますが、同じようにおいしさのもとを捨ててしまっていることで、口にもたついたりアクみが出てしまっています"ですから、このような砂糖にも、ミネラルを補給する必要があります。塩と同様に、調理中に使用する砂糖の1割程度の水溶性イオン化カルシウムを加えると、料理そのものの味わいが変わります。

f:id:kyotomura4592:20170811215844j:plain f:id:kyotomura4592:20170811220035j:plain

    https://www.kyoto-kenkou-mura.com/

 

f:id:kyotomura4592:20170811220035j:plain

f:id:kyotomura4592:20170811220035j:plain

 

f:id:kyotomura4592:20170811220035j:plain