癌克服・癌医療情報

がん医療情報

腸をきれいにすることが健康になる近道


旅行した際に、同行していた他の3人がすぐに下痢に見舞われたのですが、私だけが、下痢をせずに旅行を楽しむことができました。

日頃から食べていた乳酸菌FK-23 菌の効果しか考えられませんでした。
プロテサンを愛用してから元気になってきたことを実感していました。
人は1日30 品目を食べることなどが奨励されていますが、これは健康食品も同様ですが、取り入れた栄養が腸内の善玉菌と悪玉菌によって、健康な体づくりにつながるものと病気を促進してしまうものに作用してしまいます。その意味で、FK-23  菌を常用することで常に腸管をきれいにし、お腹を元気に保つことができるのです。
FK-23 菌というのは、生体内で優れた吸収性を示し、体中の免疫細胞に働きかける作用があるから、これだけの有用性を発揮するのです。病気をつくらない体づくり、つ
まり予防にFK-23菌が有用です。

お腹がきれいに

便秘症の方は、腸管をスコープで見ますと、腸管が土管のように汚れていて、FK-23 菌を飲用しますと、便秘の症状が良くなり、しばらくすると腸管がきれいなピンク色になり、腸管がきれいになると、健康状態も目に見えて良くなり、腸をきれいにすることは、健康になる近道になります。

f:id:kyotomura4592:20170811112251j:plain

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。 がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること。免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

  https://www.kyoto-kenkou-mura.com/