濃縮乳酸菌は、癌の転移や再発を抑える事ができるのか

癌が再発したり、転移するのは、免疫細胞(NK細胞)が衰えてしまっているためだと考えられています。

免疫力は20~30歳代でピークを迎え、40歳以降は下降線をたどります。高齢者にガンが多く、感染症による死因が増えてくるのも、こうした免疫力の低下と無関係とは言えません。

 

f:id:kyotomura4592:20170807214548j:plain

                                                                      50歳                                                 100歳


また、ストレス社会とも言われる現代では年齢にかかわらず免疫力が低くなっていることも考えられます。
「免疫」という体を守る大事なシステムは、数多くの免疫細胞のチームプレイによって機能しています。
そのシステムの中で特に重要な役割を担っているのがNK(ナチュラルキラー)細胞です。
NK細胞はウイルス感染や細胞の悪性化等によって体内に異常な細胞が発生した際に、すぐさまそれらを攻撃する初期防衛機構として働きます。
つまりNK細胞は最前線で活躍する非常に重要な免疫細胞なのです。
NK細胞を高めるには、プロテサンの菌数を増やして、腸内環境を整える事か大切で、NK細胞をはじめとする免疫細胞は、60%~70%が腸に存在します。安定した免疫の働きには腸の健康が欠かせないのです。

 

 

FK-23乳酸菌は、健康な乳児の腸から発見された乳酸球菌で、整腸作用だけでなく白血球の力を高めて、白血球の数を増やします。

乳酸菌は「免疫力」を高めることが知られていますが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌は、他の乳酸菌と比較しても「免疫力」を高める力が強い乳酸菌です。

 

乳ガン細胞をマウスに移植した実験では、FK-23を投与した群において移植後18日目から通常飼料のみを与えていた群に比べ重篤な副作用なく腫瘍径、腫瘍重量が小さくなることが確かめられました。これはマウスの実験でありヒトでの作用などはわかりませんが、ガン細胞を認識し、攻撃する力をもつ免疫力を高めるように普段の生活から心がけることで、人類最大の敵・ガンを予防すると同時に、ガンの進行をも抑えることが期待されます。さらに癌細胞への攻撃力を高めるために新しい細胞を作り出す高分子コラーゲを摂取することで、転移や再発を抑えてくれます。

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/