癌克服・癌医療情報

がん医療情報

からだによい水

 

コップ2杯の《いい水》を一日3回、食前30分から1時間前に飲みますと、 胃腸がきれいになって病気を遠ざけるといわれています。 では、《いい水》とはどんな水のことをいうのでしょうか。
結論をいいますと、「いい水とは有害物質を含まず、イオン化した必須ミネラルをバランス良く含んだ水のことです。」

イオンは物質として最も小さい単位で、1ミリの500万分の1~330万分の1です。これは細胞膜を通過するサイズです。細胞の中に直接入り込めるほどの小さいサイズであるということは、大変吸収が良いということです。
このようなイオン化されたミネラル(カルマックス)を水に加えますと、水の分子集団の構造も変化します。水は、水クラスター大集団という大きな水の分子集団で存在していますが、そこにカルマックスを入れますと、イオンの働きで水の分子集団が解体され、水分子小集団となります。つまり、大きな集団が小さな集団に生まれ変わり、細胞に入りやすい水となるのです。
9e、水は内部にまで入り込みませんが、カ ルマックスの希釈水ですと肌の内部に入り込み、しわがのびて色が白くなります。これは、水の分子とミネラルが肌の細胞に入り、その中に水をためておく保湿作用があるためです。

人間の身体は牛乳やミネラルウォーターに含まれる1万分の1ミリというサイズのカルシウムをそのままでは吸収することが出来ません。イオンのサイズまで分解してくれているのは、腸内細菌です。しかし、腸内細菌がどんなに頑張っても、すべてのカルシウムをイオンのサイズまで分解することが出 来ません。というより大部分はイオン化することなく、身体の外に排出されていきます。これが1割程度のカルシウムしか身体が取り込めない理由です。最初からイオン化しているカルシウムを摂っていれば、微生物の助けなしに即吸収ということも出来るのですが、自然界にイオン化したカルシウムはほ んど存在していません。

カルシウムを中心に身体のなかでのミネラルの分解・吸収の流れを追ってい きますと、イオンのサイズまで分解されたミネラルを含む水こそが《理想の 水》だということが分かってきます。 浄水した水道水にカルマックスを添加することで《いい水》を簡単に作るこ とが出来ます。特に、ブラックジンガーにはカルマックス水がオススメです。

f:id:kyotomura4592:20170801042307j:plain

家庭習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm

 

体に最もよい水が作れます。http://ckkm.main.jp/newpage7.htm

 

f:id:kyotomura4592:20170804084106j:plain