癌克服・癌医療情報

がん医療情報

バナナでリンパ球が5倍に増加

毎日の食事を工夫するだけで、リンパ球を数倍にし、攻撃力を劇的に高める

珪素を含む食品や水溶性珪素を摂取する

リンパ球を作り出し、強化する器官として重要な器官が胸腺といわれています。

この胸腺は20歳をピークにどんどん萎縮が始まり、40代には半分程度の大きさに、70歳代では10%程度になってしまうといわれています。

この胸腺を作っているのが珪素という成分です。この珪素を含む食品は海藻(わかめ、昆布、ひじきなど)や野菜(根菜類)などに多く含まれています。

しかし、食事から摂取するには、かなりの量を食べなければならないため、水溶性珪素という吸収の良い状態のものが販売されています。

胸腺の機能強化をすることで、リンパ球の数を増やすとともに、一つ一つのNK細胞やT細胞などのリンパ球を活性化させ、攻撃力の高い状態に保つことが可能になります。

珪素の効果は、免疫力増強だけにとどまらず、体内のミトコンドリアを活性化させることで、癌細胞の増殖がしずらいミトコンドリア系エネルギー回路を作り出し、癌細胞の増殖をストップさせることが出来ると言われています。

完熟バナナでリンパ球が5倍に増加!

バナナには、白血球の3要素 マクロファージ、顆粒球、リンパ球を増やす効果があることがわかっています。

黒い斑点があるような完熟したバナナのほうが、免疫力増強効果が高いとされています。

 

高分子コラーゲンゼリーで末期癌を克服

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

コラーゲンの研究者である榎本先生は、悪性の下行員咽頭癌に犯され、声もでなくなり、コラーゲンコヒーゼリーを弁当箱一杯、毎日作って食べて、4カ月で癌を克服、声も出るようになり、癌に高分子コラーゲンが、効果がある事を証明されています。

f:id:kyotomura4592:20170713134133j:plain