プロテサンの乳酸菌生産物質は、免疫力強化し抗がん剤副作用緩和

抗がん剤療法は、死期を早める

抗がん剤と聞くと多くの人が「副作用」をイメージすると思います。実際にそのとおりで、 患者さんのからだに大きな負担を強います。

そもそも抗がん剤は、放射線療法と同様に正常な細胞にもダメージを与え、その新陳代 謝などの生体活動もすべておさえこんでしまいます。がん細胞の活動をおさえるために、 すべての細胞を犠牲にしているというわけです。  

 

抗がん剤治療を受けると、吐き気、倦怠感、貧血、脱毛、肝機能障害などの副作用に苦 しむケースがほとんどです。また、白血球が減少し、強い免疫抑制状態におちいります。

 

日本では年間約100万人を超える人が癌で亡くなっています。その7~8割の方は「がん」で死んでいるのではなく、これら三大治療の副作用の影響で免疫が急激に低下し、感染症などに感染して、亡くなっていると考えられています。  

 

がんという強敵に勝つためには、まずはからだの免疫力を高めて病気との戦闘準備態勢を万全にしておくことが何よりも重要なのです。 抗がん剤が効くと思って投与している医師はきわめて少ないはずです。 とても興味深いデータがあります。  

 

2005年のある医療雑誌に、がんの末期医療に関する特集が掲載されました。そのな かで、医師200名に対するアンケート調査が行われています。「あなたがもしがんになっ たら抗がん剤治療を受けますか?」という質問に対して、なんと82%が「受けない」 と回答しています。患者さんにはすすめるけれど自分だったら受けない。もはや多くを 語るまでもありません。

 

乳酸菌生産物質は、免疫力強化し抗がん剤副作用緩和

『乳酸菌生産物質』が増えると、善玉菌により【腸内革命】で、栄養の消化吸収、ビタミンの合成、ホルモンの生成、有害物質の分解などが行われ、免疫力が強化されます。 当然、自然治癒力も向上し、白血球も回復し、抗がん剤の副作用の対抗する力がそなわって、抗がん剤副作用の緩和が促進します。

 

手術、投薬に耐えるために、食べて動いて体重維持

癌と戦うためには栄養状態と十分な筋肉がとても大切であることが明らかになっています。筋肉が減ると、合併症になったり、抗がん剤の副作用が強いことが、明らかになっています。

その事を裏付けするように、肥満の方の術後の回復も良好で生存率が高いそうです。

術後の回復エネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすので、筋肉が十分であれば、手術に耐え、速やかに回復する余力が出てきます。

筋肉は休めるとすぐに衰える半面、鍛えれば維持がてきますから、散歩や栄養の補給が大切になります。

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。

www.kyoto-kenkou-mura.com