癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌の延命は、徳で決まる

癌は不思議な病気です。いくら早期発見や早期治療をしても死亡率に改善が認められなく、不思議な特徴がいくつもあります。過去50年間で、死亡率がほとんど変わっていないことです。胃がん、肺がんなど個々のがんによる死亡率はこの間に大きく減ったり増えたりしていますが、すべてのがんを合わせた死亡率がほとんど変わっていないのです。

 もうひとつは、世界中どの国でも、がん死亡率が同じくらいになっていることです。先進国だけで比べてみると、もっとも多い英国が人口10万人当たり222人で、もっとも少ない日本で179人です。その差は19%ほど。これは、がん以外の病気では見られない特徴です。

このような状況になっているのは、人の裏側に見えない聞こえない世界を持っているからで、そこには、薬や医療も届きません。

癌は、運命との関わりが強く、避けて通れない因縁を所持しているからで、健康になるためには、自分の運命を知ることでないでしょうか

 

運命と言う言葉は、生命を運ぶと書きます

この命を運ぶ因縁を清めて行くことで、正しい道が示され、運命が変り健康、寿命を延ばせて、幸せを得ることが出来ます。

人間は、生まれてから死ぬまで、みんな幸せを求めて努力しています。
ところが、現実には病気をしたり、事故にあったり、悲しいことがあったりします。
それが持って生まれた因縁で、その因縁を誰もが運命として背負っています。

ご先祖様と私たちとの関わりを1本の松の木に例えますと、根の部分ほ、ご先祖様の居られる霊界になり、葉や幹の部分は、私たちの暮らしている現生になり、現生と霊界は、相通じています。
現生と霊界の世界は、次元を異にしますが、さながら大樹のように繋がっています。
現生と霊界は繋がっていますから、例えば、霊界のご先祖が苦しんでいると、この世の子孫も何らかの悪影響を受ける事があります。
逆に、この世の子孫が先祖を篤く供養し、功徳を積むならぽ、霊界の先祖は、苦しみから脱する事ができます。
切っても切り離せな関係になっていますから、ご先祖様の生前の事を知り、正しい供養が必要なのです。

その事を何も知らずに生活していますから、法を犯し、業を積み、徳を減らしていますから、因縁が芽を出して、癌になったり、離婚をしたり、事故をしたり、悲しい事や苦しことが起きているのです。

運命も徳も先祖様から授かったもので、徳は預金と同じで、使えば無くなっていきます。その徳を十を持って生まれる方もあり、百を持って生まれる方もあり、それがその人の運命になって、運命通りに生かされて行きます。

徳がなければ、助かる命も助からなったり、一生懸命に働いても努力しても思うようにならなくなります。

健康になるためには、ご先祖様の事を知って、見えない聞こえない世界を清め、徳済みして行くことが大切になります。

 

 

手術、投薬に耐えるために、食べて動いて体重維持

癌と戦うためには栄養状態と十分な筋肉がとても大切であることが明らかになっています。筋肉が減ると、合併症になったり、抗がん剤の副作用が強いことが、明らかになっています。

その事を裏付けするように、肥満の方の術後の回復も良好で生存率が高いそうです。

術後の回復エネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすので、筋肉が十分であれば、手術に耐え、速やかに回復する余力が出てきます。

筋肉は休めるとすぐに衰える半面、鍛えれば維持がてきますから、散歩や栄養の補給が大切になります。

末期癌を克服できた高分子コラーゲンゼリー

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

コラーゲンの研究者である榎本先生は、悪性の下行員咽頭癌に犯され、声もでなくなり、コラーゲンコヒーゼリーを弁当箱一杯、毎日作って食べて、4カ月で癌を克服、声も出るようになり、癌に高分子コラーゲンが、効果がある事を証明されています。