癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌と寿命、運命

人間は、生まれてから死ぬまで、みんな幸せを求めて努力しています。
ところが、現実には病気をしたり、事故にあったり、悲しいことがあったりします。
それが持って生まれた因縁で、その因縁を誰もが運命として背負っているからです。
運命と言う言葉は、生命を運ぶと書きます。

この命を運ぶ因縁を清めて行くことで、正しい道が示され、運命が変り健康、寿命を延ばせて、幸せを得ることが出来ます。

ご先祖様と私たちとの関わりを一木の松の木に例えますと、根の部分ほ、ご先祖様の居られる霊界になり、葉や幹の部分は、私たちの暮らしている現生になり、現生と霊界は、相通じています。
現生と霊界の世界は、次元を異にしますが、さながら大樹のように繋がっています。
現生と霊界は繋がっていますから、例えば、霊界のご先祖が苦しんでいると、この世の子孫も何らかの悪影響を受ける事があります。
逆に、この世の子孫が先祖を篤く供養し、功徳を積むならぽ、霊界の先祖は、苦しみから脱する事ができます。
切っても切り離せな関係になっていますから、ご先祖様の生前の事を知り、正しい供養が必要なのです。

その事を知らずに生活していますから、法を犯し、業を積み、徳を減らしまい、因縁が芽を出して、癌や病気になったり、離婚をしたり、事故をしたり、悲しい事や苦しことが起きているのです。

徳は、ご先祖様から授かったもので、預金と同じで、使えば無くなっていきます。その徳を十を持って生まれる方もあり、百を持って生まれる方もあり、それが運命になっています。

徳を使うだけでば無くなって行き、助かる命も助からなったり、一生懸命に働いても努力しても思うようにならなくなります。

だから、霊界のご先祖様と一体になって、清まって行って、日頃から徳済みして行くことが大切になります。

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。