癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌になる原因

病気になるのは体の不調や不摂生、また病原菌などがその原因であることは確かですが、 仏法では生命自体に病を起こす原因を持っていて、それが病気となって現れます。  

つまり、病原菌などの外的な原因のほか、その人の生命自体にある内的な原因で病気になり、その原因を究明し、根本的に解決する方法は仏法以外にないと説いているのです。

病を治すのはあくまでも人間の持つ自然治癒力(生命力)が主体であって、 医学はその手助けをすることに主眼が置かれ、人間自体の生命力を強くし、病原菌に負けない、また発病しないようにすることが根本課題なのだと思います。

 その意味で正しい仏法を根底にしつつ、医学を用いていけば、医学は偉大な効果を発揮することと思います。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

がん治療の中心的治療法は、抗がん剤で、完全治癒が望めるのは全がん患者の数パーセントに留まっており、多くの抗がん剤はわずかばかりの延命効果と症状の改善しかないのが実情です。 がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法です。