癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌が治るのに、治療以外に、不思議な力が・・・

人間は、肉体と意識(心)と無意識(仏)という、少なくとも3つの要素で構成されていて、この3つの要素が、互いに密接に関係して、病気が発症しています。

 

医者からは「もう治らない」「余命〇か月」と言われたのに、ガンが治ったという人はたくさんいます。病院では、医者に「もうだめだ」と思われた患者さんは必ず亡くなります。 現実には、医者の目に触れないところで、進行ガンが治ったという不思議な現象は起き、命を頂かれたり、癌を克服された方が多く居られます。 「癌」という漢字を思い出してみてください。病気を表す「やまいだれ」。その中に、「口(クチ)」を3つと「山」をタテに並べた文字が入っていますが、これは、「岩」や「固まり」を意味する昔の字体です。ガンは、文字通り「固まりができる病気」です。しかも「悪性腫瘍」と呼ばれるように、体の中で、とんでもない悪さをする「固まり」です。 世間一般では、癌になる原因は、ストレスや生活習慣と言われていますが、これは、医学的な考えです。 本当の原因は、医療やクスリ、メスが届ない、見えない聞こえない心の内にあって、そこに、病気なった仏意があり、寿命や運命、医療やクスリを超える不思議な力があります。 今後、医療やクスリが進歩して行っても、症状を和らげるだけになり、癌を征服する事は、難しと思います。 医療に携わる方や薬を開発する研究者方、患者の方が、癌の因が薬や医療の届かない処に在る事を知り、それを理解され、肉体も魂も救えれる様になりましたら、癌医療は、大きく変ると思います。 癌は、肉体と意識と仏意が密接に絡み、徳が底を付いてきますと発症します。健康を得る為には、見えない聞こえない世界を清めて行けば、よい治療が受けられたり、命が延びたり、癌が消えたりします。私もその内の一人で、検査の段階で癌が消えて、今も元気にしています

 

高分子コラーゲンゼリーで癌を克服

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm