読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

癌を治す心

ガンや精神病も心の持ち方によって治ることがある たとえば、現代医学では治らないとされる末期ガンと告げられただけで、ショックを受けて衰弱してしまう人もいます。そういう人は、心が力を失ってしまうからです。

末期ガンという診断が誤診であるのにぐったりしてしまい、間違っていたと告げられると急に元気を取り戻したという人もいます。

このように、人間の心は自分が治らない病気であると信じ込むことによって、本当に体の状態が悪くなってしまうことがあるのです。それは、心が免疫力や運命を誘導する作用を持っているからです。

ガンであると告げられ、あと半年の命であると宣告され、「自分は絶対に大丈夫。病気は治る」と信じることによって、ガン細胞を消し去ることもあります。

これは、現代医学の観点からすると不思議なことですが、実はそういった奇跡は、多く起きています。

簡単に絶望しなく、心を明るく持って希望を失わない姿勢が大切です。

絶望が本当の死につながるのは、素晴らしい可能性や明るい未来を否定してしまうからです。

絶望的な運命が訪れたとしても、それが本当に希望のない人生へとつながっているかどうかはその時点では分かりません。実のところ、それが本当の幸せへと導かれる入口であるかもしれません、

嫌なことを不幸ととらえて落ち込んだ気持ちになると、それに関する運命もなぜか落ち込んでしまい、本当に不幸なことにつながってしまうのです。

あの絶望的状況があったからこそ、今の幸せが得られることが多いのです。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm