癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌に勝為の「自然治癒力」の高め方

全身の栄養や血行を改善して生体の新陳代謝を高め、免疫力 を高めて防御システムを回促させれば、治癒力が働いて徐々に癌細胞を減らしていくことは可能です。

現実問題としては、進行した癌が、体の治癒カだけで消減させることは極めて少ないのは事実ですが、体の治癒力を高めることで、癌の進行を遅らせて、延命に効果があることは期待できます。癌細胞を 徹底的に攻撃するのでほなく、生体の免疫力や自然治癒力を高めることで、癌の進行をストップさせ、癌と共存しながら延命することです。

 癌に対する自然治癒力を高める上で・食事の重要性を指摘する研究は多くあります。

 昔から、野菜は血液をきれいに保ち、動物性食品は血を汚くすると信じられてきました。実際、野菜の中には抗酸化物質や血小板凝集抑制作用を有する成分が多く含まれているため、野菜の摂取は血液の循環を改善し、新陳代謝や免疫力を向上し、治癒力を増強されることも期待でき、結果として癌の再発予防や治療の効果を高めることができます。

したがって、食物を消化吸収する胃腸の働き、吸収した栄養を体の隅々まで行き渡らせるための血液循環、紐泡や組織の新陳代謝を高めることが自己治癒力を高める必要条件になります。                                                                     

栄養が十分に行き渡り、新陳代謝が活性化すると、細胞や組織の修復や再生能力は維持され、自律神経やホルモンが正常に働いて体全体の調和が保たれ、免疫力などの体の抵抗力が十分働くことができます。                                                                                  

条件が整った時に、免疫力を高めるような濃縮乳酸菌を利用すれば,抗癌力を最大限に高め、癌を自然撃退することも不可能ではありません。

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。