癌克服・癌医療情報

がん医療情報

がんに勝つ お腹の整え方

がんという病気に対しても免疫力は非常に重要です。免疫力があればがんを発症しにくく、がんになってしまった場合でも、免疫力の高い人のほうが治療効果を上げやすいといえます。
 また、がんの治療の中には、強い副作用を伴うものが少なくありません。免疫力のない人は副作用によって体力が極端に落ち、予定の治療を継続できないこともあります。

がん細胞は、死滅することなく激しいスピードで増殖を繰り返していくツワモノて、がん細胞の成長をストップさせることができるのは、身体の「抗腫瘍作用(抗がん力)」という機能です。 この機能が強く働けば、がん細胞は弱体化し、自然に死んでいきます。

抗腫瘍作用を強化するのに、濃縮乳酸菌を積極的に摂取しましょう。

 http://ckkm.main.jp/newpage100.htm 

おなかの中の状態は、がんと密接な関係があります。例えば便秘になると、食べ物の中に含まれている有毒物質が腸内にとどまり、身体の中へと吸収されやすくなります。さらに動物性脂肪をたっぷり摂っている人では、がんを助長する悪玉免疫物質が腸内で大量に発生してしまいます。

逆に下痢がちな人は、身体に必要な栄養素を十分に取り入れることができません。下痢による炎症で腸の粘膜が薄くなり、感染も起こしやすいため、やはりいい状態とはいえないでしょう。

便秘や下痢のほか、ガスが溜まりやすいなど、腸内の環境が乱れている人は、免疫力も低くなります。

一方、腸内の環境が良好な人は、腸の粘膜にある細胞が食べものからいい刺激を受けて、インターフェロンなどの善玉免疫物質がたくさん分泌されます。
 さらに、腸のそばを通過するリンパ球が活性化されるため、理想的な免疫状態を保つことができるのです。

腸内環境の改善のためには、ふだんから野菜や玄米食などの繊維分の多い食材を摂り、濃縮乳酸菌も活用しましょう。

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。