読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

心の内に、癌を治せる不思議なパワーがある

医者からは「もう治らない」「余命〇か月」と言われたのに、ガンが治ったという人はたくさんいます。病院では、医者に「もうだめだ」と思われた患者さんは必ず亡くなります。ガンが治ったという不思議な経過は、病院では皆無といっていいほど説明がありません。医学的に見て、「治らない」と判断した症例が自分の見立てに反して治ってしまったら、医者はその説明に困ります。医学的には「治らない」と判断したのに、「治ってしまった」という症例は学会にも報告されません。それは、科学的ではない出来事だからです。
しかし、現実には、医者の目に触れないところで、進行ガンが治ったという不思議な現象は起き、命を頂かれ、たくさんの方が癌を克服されて、今も、 元気に仕事をされています。
癌が治る方は、治療以外に、何らかの力がプラスされるからです。癌を発症させる原因がストレスという心理的要因があり、癌を治せるのも心理的要因かあるのです。病気になると、医者は肉体(病気)だけを治そうとしますし、患者さんも肉体(病気)だけを治したい、治して欲しいと思います。
人間は、肉体と意識(心)と無意識という、少なくとも3つの要素で構成されていて、この3つの要素が、互いに密接に関係しています。その3つの要素のバランスがうまく取れている状態が健康と言ってよいでしょう。

いくら癌医療やクスリなど進歩しても、医療やクスリ、メスが届かない領域、「心」かあります。その「心」は、運命や遺伝子、免疫細胞を誘導し、癌などの病気を呼び寄せきます。呼び寄せる心が、捉われや執着する心で、そこを越えた処に、医療やクスリを超える不思議な力ががあります。詳しく知りたい方には、申し添えて頂ければ、資料を添えさせて頂きます。

 

 

 

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm