プロテサンは、「エンテロコッカス・フェカリス」FK-23菌主成分 

フェカリス菌とは、ヒト由来の乳酸菌です。正式名称は「エンテロコッカス・フェカリス」で、より詳細に言うとエンテロコッカス属フェカリス種の菌をフェカリス菌と呼んでいます。

フェカリス種という菌種の下に菌株があり、いままで研究がおこなわれているものとしては、EC-12株、EF-2001株、FK-23株などがあります

フェカリス菌は、小さいために大量に摂取できるので、腸内の免疫細胞を活性化しやすいと考えられており、風邪やインフルエンザなどの症状に対して有効だと目されています。

おもしろいのは、フェカリス菌は生菌(生きている菌)よりも、死菌(死んでいる菌)のほうが、免疫力アップの効果を大きく期待できるという点です

フェカリス菌FK-23株にはいくつかの健康効果を期待できるが、加熱殺菌処理された死菌のほうが免疫調節作用がより強いことが実証されています。

一般的に、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、生きた状態で摂取して、生きたまま腸まで届くことが重視されています。

免疫力の向上のためには、菌が生きている必要はありません。なぜなら、菌の成分そのものが免疫細胞と結合することで効果が得られるためむしろ、加熱殺菌処理されることによって安定的に食品にすることができたり、保存しやすかったりするというメリットがあります。

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/