癌克服・癌医療情報

がん医療情報

抗ガン剤副作用を緩和する乳酸菌

ガン患者が治療をうける場合、抗ガン剤を投与されることが少なくありません。ところが、抗ガン剤の副作用によって、体重減少や食欲減退、睡眠障害などが起こり、ついには病気と闘う意欲まで失ってしまう場合があります。

 抗ガン剤の副作用は深刻な問題ですが、決して全否定すべきものでなく、機能性食品とタッグを組んで、ガンに効果を発揮する場合も多々あります。抗ガン剤治療を受ける前に医師に自分のガンにどの抗ガン剤が本当に有効なのかをチェックすることが重要です。

近年の研究で、抗ガン剤による副作用を軽減する目的で、乳酸菌を用いると、疼痛の軽減、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の亢進等の効果があることが明らかになってきました。

乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23は、ガン細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減することと抗ガン剤の副作用を軽減する働きがあることが論文で報告されています。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm