癌克服・癌医療情報

がん医療情報

1杯の甘酒の中に……多彩な美容・健康効果

甘酒の栄養は、

ビタミンB1 ビタミン B2ビタミン B6 葉酸 食物繊維 オリゴ糖 アミノ酸 ブドウ糖

甘酒の美容効果は「美肌」!

もちもちスベスベ、きめ細かい白い肌。それは女性たちの永遠の憧れですが、そんな理想の肌になれる効果を秘めているのが甘酒です。甘酒に含まれるコウジ酸がお肌を白くしてきめを整え、ビタミンB2やフェルラ酸が肌細胞の新陳代謝を活発にして、日々皮膚を新しく蘇生させます。ビタミンB2には潤いを保つ効果もあるので、新しい肌はもちもちに。憧れのすっぴん美肌に近づけますよ。

便秘解消、腸内環境を改善

甘酒の豊富な食物繊維が腸を刺激し、便秘解消を促します。

また、オリゴ糖が腸内フローラを改善、ビフィズス菌など善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで腸内環境を正常に整えていきます。食物繊維とオリゴ糖を同時に摂取できる甘酒は、二つの働きが凝縮された腸に優しいドリンクなのです。

エネルギーを燃やしてダイエット

パントテン酸ビタミンB2は、脂肪や糖分をエネルギーに変換する働きを持っています。

余分な脂肪や糖が身体に溜め込まれるのを防ぎ、またすでにある脂肪の燃焼も助けてダイエットを強力サポートしてくれますよ!

また消化酵素は栄養分を小さく切り分ける働きを担っており、胃腸の負担を和らげて健康的な食生活を助けます。食物繊維で便秘も解消、一石二鳥、三鳥のダイエット効果なのです。

疲労回復、免疫力アップ

飲む点滴・甘酒は滋養強壮の効果が高く、高齢者専用施設でも多く利用されています。

ブドウ糖オリゴ糖が疲労を回復し、新陳代謝を高める他の成分は免疫力も同時に高めてくれます。このため、身体に疲れが溜まっている 忙しくてなかなかゆっくり休めない 肩こりがひどい 眼精疲労がつらい 「風邪をひきやすくて困る」という方にも、甘酒がオススメです。

 

 

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。