癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌細胞の殺し屋NK細胞を高めるFK-23菌

人の腸管には、300種類以上、100兆個もの腸内菌が棲んでいて、重さにすれば1~1.5㎏になり、私たちが健康でいられるのは、善玉菌が悪玉菌を抑えているからです。 腸管は、食品などの有益栄養分を体内に取り込む一方で、病原菌や異物から守る防衛機構の最前線として機能しています。全リンパ球の50%~60%が腸管に集中していて、免疫システムの中でも特に敵を見つける能力か早く攻撃力が強いのが白血球に存在する「生まれながらの殺し屋」と名ずけられたナチュラルキラー(NK)細胞です。

ただしNK細胞は、ストレスに弱いのが特徴で、NK細胞は、20歳前後が最高で、40歳になると半分になり、70歳になると10分の1に低下し、抵抗力がなくなります。

NK細胞を高める免疫機能食品FK-23菌は、11件もの医療用途特許した乳酸菌で、京都大学岡山大学大阪市立大学富山県立大学福山大学・南京医科大学・日赤和歌山医療センターなど、さまざまな大学医療機関との共同研究、臨床によって、結果が認められ11件の医療用途特許を取得しています。

FK-23乳酸菌は、特殊な熱処理が施され、通常の乳酸菌に比べて3倍もの免疫バランスを整える機能があり、丸くて小さな乳酸菌だから、腸に吸収しやれやすく、乳酸菌の機能性が出やすいのが特徴です。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

f:id:kyotomura4592:20170310183753j:plain

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。