読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

癌細胞が近赤外線で消滅

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。 「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所の小林久隆・主任研究員が開発した。 がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。 がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。 転移・再発防止などにも課題があった。 これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる。 やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうです。

 

正常な細胞は毎日、約3O0O~5O00個も作られています。癌細胞を死滅さる方法は 、

一番簡単に実践できる方法は、身体を温める事」です。

体温をⅠ度上げるだけで、免疫力は5~6倍に高まります。

悪性細胞は、39.6度でえ始め、42度で死滅します。癌細胞をしめつさせても、よい細胞死んでも、良い細胞が死んでは意味ありません。正常細胞は、44度までは絶えることができ、活性化され、悪性細胞は、死滅します。

f:id:kyotomura4592:20170306204534j:plain

家庭でできる遠赤外線温熱治療  

ぽかぽか熟睡

子どもの頃、痛くなったお腹をお母さんにさすってもらうと、痛みが和らいだという記憶はありませんか?それは、お母さんの手から発している遠赤外線が吸収され、自ら発している遠赤外線と共鳴し、エネルギーが熱に変わり身体を内部から温め、痛みが緩和されたからです。

遠赤外線の中でも、最もいいのが「生育光線」です。

遠赤外線の中でも4~14の波長のものは「生育光線」と呼ばれ、 生体の代謝、成長、育成に不可欠なエネルギーが集中している重要な波長です。 私たち人間の波長は、健康な人で6~14だといわれています。 したがって、同じ波長である生育光線は、人間と最も共鳴現象を起こしやすい波長なのです。生育光線がもつエネルギーは皮膚から吸収され熱に変わり、その熱が血液に伝わり血管の拡張や、血液の循環を良好にし、結果的には新陳代謝の促進が期待できるといわれています。

体の芯からぽかぽか温まるドーム型遠赤外線ボディヒーターは、面状発熱体による輻射熱を利用したヒーターで、効率よく遠赤外線を輻射し、体の表面から伝播した熱が血流によって全身をめぐる事で、身体の芯まで暖める事ができます。また、遠赤外線輻射熱による熱しやすく冷めにくい特徴から、ぽかぽかとした心地良い温もりが持続します。

f:id:kyotomura4592:20170306205757j:plain

http://ckkm.main.jp/kyotomura91.htm

ぽかぽかになって熟睡

http://ckkm.main.jp/kyotomura92.htm