読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにゃくは、腸内環境を整え、コレステロール値を下げる効果が

グルコマンナンは、こんにゃくに含まれる水溶性の食物繊維で、グルコースとマンノースがおよそ2:3の割合で結合したものです。

グルコマンナンの健康効果◎ダイエット効果◎便秘を解消する効果◎コレステロール値を下げる効果◎糖尿病を予防する効果

グルコマンナンは水に触れると大きく膨張するため、摂取することによって胃の中で膨らみ、満腹感を与えるほか便通を改善する効果があるとして、ダイエット食品の原料などに利用されています。 また、近年ではグルコマンナンコレステロールや血糖値を下げる効果があることが明らかにされており、生活習慣病の予防効果が期待されています。

グルコマンナンの歴史 コンニャクは古くから「腹中の砂おろし」などといわれており、様々な健康効果が言い伝えられていました。 1895年、辻暢太郎によってコンニャクについての研究論文が発表され、コンニャクの主成分がマンナンであることが明らかとなりました。その後、この成分がグルコースとマンノースが結びついた多糖類であることが分かり、1922年に「グルコマンナン」と名づけられました。

 

グルコマンナンを摂取する際の注意点 グルコマンナンは消化器の中で水を吸って膨張する性質があるため、大量に摂取すると下痢を引き起こすことがあります。 また、グルコマンナンは空腹時や食後の血糖値を低下させる効果があります。血糖値を調整する医薬品やサプリメントを飲んでいる場合にはその働きを増強させる可能性があるため、注意が必要です。

 

グルコマンナンの働き グルコマンナンは水に触れると粘り気のあるゲルをつく   り、大きく膨張するという性質があります。そのため、グルコマンナンを摂取すると、食品に含まれる水分を吸って胃の中で何十倍にも膨張するという働きがあります。

また、グルコマンナンは胆汁酸を運び去ることでコレステロール濃度を下げる働きも併せ持っています。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm