読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖尿病に有効なのは「リコピン」

トマトジュースに含まれる成分で糖尿病に有効なのは「リコピン」です。現在では「トマトといったらリコピン」と言われるくらいイメージが定着しましたが、リコピンという成分を知らない方のためにまずはリコピンについて解説しておきますそもそもリコピンとはトマトの赤色のもとになる成分で、カロテノイド色素のひとつです。

リコピンには「強い抗酸化作用」が備わっており、カラダの老化や、がん化の元凶となる「活性酸素」を除去する力を持っています。カロテノイド色素は総じて抗酸化作用を持っていますが、中でもリコピンは非常に高い抗酸化作用を持っており、その効果はビタミンEの100倍もあります。

リコピンはその高い抗酸化力から、若返りの栄養素、がん予防の栄養素としてこれまで注目されてきました。しかし近年の研究で糖尿病にも効果がある事が分かってきました

リコピンには血糖値自体を下げてくれる作用があり、糖尿病の血糖値コントロールに役立つ成分であることが分かってきました。

糖尿病の人にとって血糖値のコントロールが必要不可欠です。糖尿病の人はインスリンの働きが悪いので、血糖が急上昇した場合になかなか下がってくれません。血糖値がずっと高いと「カラダがだるい」といった症状がでます。

したがってこれまでは血糖値を急激に上げないように、野菜から食べたり、薬を飲む事でこれを防止していました。しかしこれは血糖値の上昇を緩やかにする方法であって、血糖値を下げる方法ではありません。

その点、リコピンには血糖値自体を下げてくれる作用があるので、糖尿病の血糖値コントロールに有効です。

リコピンを摂取するなら「トマトジュースじゃなくても生のトマトでも良いのでは?」と疑問を持つ方もいるでしょう。もちろん生のトマトでもリコピンは摂れます。しかしリコピンをたくさん摂りたいならば、生のトマトよりもトマトジュースのが良いです。 リコピンはトマトの細胞に含まれていますが、この細胞が固いため生のトマトで摂った場合、吸収率が悪くなります。その点、トマトジュースは細胞を破壊し液体にしてしまうので多くのリコピンが摂れます。

また、トマトジュースで使われているトマトは完熟したものを使って作られています。一方スーパーなどで売られているトマトはトマトジュースで使われるものより完熟はしていません。リコピンは完熟し、より赤みが深いものの方が多く含まれるためトマトジュースの方がより多くのリコピンが含まれています。ちなみに通常のトマトと比べるとトマトジュース用のトマトは通常より3倍のリコピンが含まれています。

以上の点から、糖尿病でリコピンをたくさん摂りたい人にとっては、トマトジュースの方が良いと言えます。

どれくらいのトマトジュースを飲めば良いのか? 基本的には1日200ml(コップ1杯)程度を摂取すると良いでしょう。2007年に発表された名古屋文理大学の研究によると、糖尿病患者に毎日200mlのトマトジュースを飲ませたところ1年後に血糖値の改善が認められています

http://ckkm.main.jp/newpage98.htm