読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

からだの土台になるコラーゲン

その土台が崩れていたら、病は克服できない

栄養は、カラダ中の血管を通して、60兆個の細胞に運ばれますが、直接細胞に届くのでなく、コラーゲンを通して運ばれます。 つまり、コラーゲンは栄養の「通り道」になり、コラーゲンが古くなると、細胞に栄養がスムーズ届かなくなり、老廃物が滞るために、老化が早くなり、がんなどの病気の原因にもなります。 コラーゲンをしっかり摂取しますと、身体の流れがよくなり、カラダのいろんな所が目覚めてきます。
コラーゲンは、20歳をピークにして減少し始め、40歳頃から急激に減り、60歳では約半分になり、老化して硬くなります。


コラーゲンが老化することは、細胞も老化し、免疫力も低下します。

 

新しいコラーゲンを積極的に摂れば、古いコラーゲンと入れ替わり、代謝がよくなることで、若さがもどり、免疫力も高まり、細胞が活性化し、元気になります。
癌を治す為には、食生活・腸内・血液・細胞を見直し、新しいコラーゲンを摂って、古いコラーゲンと入れ替えれば、細胞に栄養や酸素が届くようになり、細胞が若返って治癒力が高まります。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

f:id:kyotomura4592:20170226180403j:plain

 

 

f:id:kyotomura4592:20170226180428j:plain