癌克服・癌医療情報

がん医療情報

.善玉苗を増やす

  善玉苗を増やす良生活に切り替えるということは、結果的に、高タンパク質・高脂肪の食習慣 を変えることにもつながります。悪玉苗はタンパク質を好むので、必要以上にタンパク質を摂ると、悪玉苗が増えてしまいます。高タンパク質・高脂肪という欧米の食文化が日本に入ってきたことと、日本人の大腸がん発症の増加にほ、密接な関係があるという報告もされています。 
中高年の方は特に、脂夏の多い肉類は控えて、魚介類ゆ豆類からタンパク質を摂取することが望ましいでしょう。                                                                     
健康な身体を維持するために、私たちは腸内環境を整える必要があります。それほ善玉菌を増 やして、善玉苗が優勢な環境を自分で作っていくことです。腸内における善玉苗と悪玉苗は、い つも互いの勢力を競っているのですが、悪玉菌が増殖して善玉苗よりも優勢になってしまうと、その腸内は善玉菌が定看しにくい環境になってしまうのです。つまり、善玉苗を増やすためにほ、ただ単純に善玉苗が増えるような食事をするだけではなく、そもそも悪玉菊を増ゆさないように努カすることも重要になってくるのです。食物繊維をあまり摂取せずに肉類を中心とした食生活を送ることほ、悪玉苗が増える原因になります。

   

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。