読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

癌の「殺し屋」NK細胞を高める濃縮乳酸菌

癌細胞の「殺し屋」NK細胞 

NK細胞は その名が示すとおり、生ぎれながらの「殺し屋」で、独自に体内を見回り、ウイルスやがん細胞 などの異常を発見するどすぐに攻撃する自然免疫の代表です。
NK細胞が活発に働けば手ごわい敵でも最初に排除だぎる数が増え、獲得免疫も機能しやすくなるので病気になりにくい、また治りやすいと考えられます。

NK細胞の活性値(NK活性)が免疫力の指標となっています。

逆にNK活性の低い人は、風邪にかかりやすぐ治りにくい、感染症での死亡率が高い
といわれ、疫学的調査でも、NK活性の低い人は、癌になるリスタが高いというデータが得られています。

NK細胞低下の要因は、まずは加齢です。その次に腸内環境と代謝の悪化です。NK細胞の活性値は成長カーブと同様、子どもの頃は低く、次第に上昇Lて20 歳代がピ一ク、ぞの後は 次第に落ちていき、50歳頃かぢグッと下がっていきます。 

f:id:kyotomura4592:20170209205906j:plain

NK細胞は、日常の努力、生活習慣や食生活の改善で活性値を高めることができます。

食生活の改善としては、体にいいものを食べ、悪いものへらすことです。

濃縮乳酸菌の摂取は、NK細胞は腸内環境を整え、体にいい影響をあたえてくれます。

乳酸菌生産物質は、免疫力強化したり、抗がん剤副作用を緩和してくれます

『乳酸菌生産物質』が増えると、善玉菌により【腸内革命】で、栄養の消化吸収、ビタミンの合成、ホルモンの生成、有害物質の分解などが行われ、免疫力が強化されます。 当然、自然治癒力も向上し、白血球も回復し、抗がん剤の副作用の対抗する力がそなわって、抗がん剤副作用の緩和が促進します。 

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm