花粉症対策

 

花粉症になったということは、免疫バランスが崩れている証拠でもありますので、症状の軽減または治すためにも濃縮乳酸菌を摂取することはとても有効的な方法なのです。

自然治癒力とは、身体の機能バランスを正常に保ち、花粉などの病原菌の侵入から身体を守る自己防衛力と、傷ついたり古くなった細胞を修復する自己再生力のことです。自然治癒力を高めることは、自己防衛力と自己再生力を高めることで、アミノ酸をバランスよく摂取することが大切になります。
アミノ酸の働きは、免疫細胞を作ったり、活性化させたりする働きがあります。自然治癒力とは、免疫力そのもののことなのです。免疫細胞のバランスが取れていて、免疫力が高い状態であることで、自然治癒力が発揮されます。

 

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/chisa-feh-luna-hay-fever-supplement/