癌を抑えるグリーンアスパラ

グリーアスパラガスには食物繊維、カロテン、ビタミンCが豊富です。新陳代謝をうながして

細胞を活性化させるアスパラギンを含むのが特徴で、ほどよい苦みには、血圧を下げるルチンも含まれています。

アスパラガスに含まれるアスパラニンAとプロトオシンは非常に強力ながん細胞の成長抑作用があると2009年に報告されています。また、がん予防、抗酸作用、ヒロリ菌除菌作用が確認されているスルフォラフフンがアスパラガスに含まれていることが2010年に報告されています。

なお、グリーンアスパラガスに含まれるβカロテンは免疫機能の回復により発がんを抑えると言われています。また、生活習慣予防、老化予防にも働きます。

アスパラガスの穂先に含まれるアスパラギン酸が特徴的ですが、アスパラキセン酸は疲労回復、皮膚の新陳代謝を高める作用があります。アンモニアを尿とともに排泄させたり、イライラや不眠を予防したりします。

抗酸化作用の強いルチンも含み、毛細血管をよい状態に保って高血圧を予防します。ビタミンCトルチンを一緒にとると抗酸化作用が高まります。

アスパラガスにはグリーンアスパラカスとホワイトアスパラガスがあり、抗酸化成分は、グリーンアスパラガスに多く含まれています。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、癌などの病気をつくらない体にしてくれます。

           https://www.kyoto-kenkou-mura.com/