読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

がんに効果があるキャベツ

免疫力を高め、がんを予防する
キャベツの一番の効能とも言えるのが、免疫力を高める作用です。免疫力が高まることによって風邪の原因となるウィルスが体内に侵入することを防いだり、がん細胞の増殖を抑えるとされています。

キャベツは非常に強い殺菌力を持っており、特にがん細胞や風邪の原因となるウィルスに威力を発揮してくれます。世界でもトップクラスであるアメリカのがん研究所では、キャベツはがんを予防する効果が高い食品だと言われています。

■強い抗酸化作用で身体のサビつきを防ぐ
キャベツに含まれているビタミンCには、強力な抗酸化作用があります。

私たちの老化の原因は、活性酸素などによって身体がサビつくことです。血管内にサビつきが起こると動脈硬化が進行し、脳や心臓の血管が詰まれば病気が起こりやすくなります。さらに、血管だけでなく遺伝子にまで酸化が及ぶと、細胞ががん化するリスクも高まると言われています。

キャベツのどんな成分が効いているの?

キャベツの抗酸力は、ブロッコリーやアスパラガスにも並び、野菜の中でもトップクラス。特に若くて巻きが緩く、涼しい北の地域で採れたキャベツに強い作用があると言われています。

キャベツにこれだけの抗酸化作用があるのは、ビタミンC以外にも辛み成分イソチオシアネートが含まれていることも考えられています。

このイソチオシアネートは、イオウ化合物の一種で、他にもニンニクの香りの成分であるアリシンなどもあげられます。がんをはじめ、心臓病を予防する働きのあるのが多いのが特徴です

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm