癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌の再発を予防するためには、代謝をあげて免疫力をアップしていくのが有効

多くのがんでは、病気が進行するにつれ体重減少が見られます。その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。

がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。

癌はこうやって栄養を確保しています

がん細胞は正常な細胞と違って、無制限に成長を続けます。そのため、大量の栄養を必要とします。そのエネルギーを確保するために、がん細胞は炎症性サイトカインという物質を出します。この物質は、炎症など緊急に対処しないといけない事態が、体内で発症したことを知らせるタンパク質の総称です。体内に緊急事態が起きサイトカインが分泌されると、傷を修復するために血液が呼び集められます。

新陳代謝を上げることで、癌の再発を抑える

.新陳代謝を上げていく事で、体の様々な機能の働きが良くなり、結果として免疫力もアップします。 

.免疫が上がると、癌細胞を抑える働きがあるため、癌の再発を防げる可能性が高くなってきます。

.癌の再発を予防するためには、代謝をあげて免疫力をアップしていくのが有効な方法とされています

.代謝を上げることで、体の中の有害な物資を体外に出してくれる事になります。

 新陳代謝を上げるためには、食べ物で代謝を上げていくのが効率良い方法です。 

代謝を上げるビタミンBは、玄米や豆類、ナッツ類、豚肉、青魚、そしてレバーなどに含まれています

 

高分子コラーゲンを摂取しますと、さらに体内の代謝が良くなり、癌の再発や転移が防げます。

 人には約60兆個の細胞があり、コラーゲンによって守られていて、コラーゲンが老化すれば、細胞も老化します。  毛細血管に細かい穴が開いていて、そこからコラーゲン層に染み出して、コラーゲンを通り道として、細胞まで栄養や酸素を届けています。

通り道てあるコラーゲンが古く硬く老化していくと、流れが悪くなりま。  

老廃物は、コラーゲンを通り道として、排泄されます。このようにコラーゲンの最大の働きはの一つが「流れ」つまり「代謝」を高めることで、代謝が高まることが若さで、反対に代謝が悪くなることが老化です。

コラーゲンり減少し始める年齢は、個人差はあるが平均として20~25歳から始まり、40歳を過ぎますと、急激に減少します。

f:id:kyotomura4592:20161017083533j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm