読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

感染症菌を除菌するイオンクラスター

 抗がん剤は副作用の強いものが多いため、治療を長く続けているうちにデメリット(副作用による健康への悪影響)がメリット(薬の効能)を上回る時がやってきます。
 「抗がん剤治療をやめただけで、嘘のように食事を取れるようになったり、病院から自宅に戻って、元気になっていく患者さんもたくさん居られます。

 

がん患者は、がんによって亡くなると思われるでしょうが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連している可能性があります。

そうした感染症は、がんによって引き起こされたものではありません。

その多くは、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と考えられます。

栄養不足で免疫力が低下し、健康な人なら何ともない弱い細菌に感染し、回復できずに亡くなっています。

家庭や病院の感染症対策に 

徐菌脱臭器(イオンクラスター)1台で、40㎡以下の部屋のインフルエンザウイルス菌・黄色ブドウ球菌大腸菌サルモネラ菌などを95%~99%除菌ができます。

f:id:kyotomura4592:20170123070736j:plain

大阪府立成人病センター 様
当施設は、「イオンワラスター」を外来診察室やIUCのベットサイドなどこ・院内感染対策のみならず有害化学物質や臭気除去対策として導入しました。特にカリニ肺炎予防目的で実施しているぺンタミジン吸入が多い外来では、以前は室内換気が不十分で困っていましたが、本器を設置してからほ患者のみならスタフにも環境を提供できるようになり,一気に解決しました。またA4サイス゛でコンバクトなので卓上に設置できます。場所を選ばす、いつでもどこでも安全で清潔な空間を作ることができる「イオシクラスター」に、高い評価を与えたと思います。
大阪府立成人病センター 感染対策部門 栗山聖彦、副島明美
● まつかグ」こツウ様 (大阪市)
患者様へ「安全」で「快適」な空間を提供するため、当院でほ待合室,処置室・リハビリ室に「イオンウラスター」を設置しましだ。
その結栗、多くの患者様に安心して受診いだだける環境を作ることがてき・天変廣足しています。

内蔵放電管により雷と同じ原理でイオンの集合体であるクラスターイオンを発生させ、匂いの元である分子成分や細菌等に吸着し分解無効化する事で、消臭及び除菌を行います。一般的なイオン発生器が、針状の放電素子構造であるのに対し、網目状の放電素子構造を採用する事で、強力かつ大量のクラスターイオンを発生させます。
空気中の各種分子は、各々分解に必要なエネルギー(イオン化エネルギー)値が異なります。
針状の放電素子で発生するクラスターイオンが持つイオン化エネルギー値は、一般的に6eV(エレクトロンボルト)レベルですが、本品の持つイオン化エネルギー値は2倍の12eVであり、他社製品で満足な成果が得られなかったケースでも、十分ご満足頂ける能力を有しています。

http://ckkm.main.jp/kyotomura93.htm