がん患者の8割の方が、「栄養失調」で亡くなるのはなぜ

「がん患者はがんによって亡くなると思われるでしょうが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連している可能性があります。そうした感染症はがんによって引き起こされたものではありません。その多くは、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と考えられます。栄養不足で免疫力が低下し、健康な人なら何ともない弱い細菌に感染し、回復できずに亡くなっています。

 がん患者が亡くなる本当の原因が栄養不足であるという現実を治療に役立てできれば、がん患者はもっと長生きできるはずです」

余命1か月程度と思われる患者108人を調査された結果、がんとは関係なく栄養不足に陥っている人が82.4%もいることが判明され、その大半は感染症などで亡くなったという。同様の問題が米国の調査でも指摘されています。

がんがある程度大きくなると、全身の細胞が必要とする栄養分を横取りすることになります。

癌がある程度おおきくなると、全身の細胞に必要な栄養分を横取りすることで、免疫が落ち、肺炎が悪化して死に至ることがあります。 また、末期癌状態であれば、やはり全身転移も起こしているわけで、それにより多臓器も機能不全に陥るでしょう。 肝臓癌では、癌が大きくなればそれだけ正常な肝臓の細胞が少なくなります。必要な代謝を維持できなくなります。タンパク質の生成が減ると、腹水や胸水がたまり、呼吸機能が低下します。アンモニアの解毒ができなくなると、肝性脳症とよばれる昏睡状態にもなります。肝臓が悪化すると肝腎症候群とよばれる病態へとつながり、腎機能も悪化します。腎臓が働かないと、全身の電解質バランスが崩れ、心臓も止まります。

毎日の食事は、人の細胞を2ヶ月で良くも悪くも変化させる

元気のある細胞を無理なく作れるのは、手造りの食事です。

食事療法がなぜ効くのかといえば「病気が治る原理」に最もかなっているからです。

身体が欲している栄養素をしっかり摂って、毒となるものを排除し、消化・吸収・エネルギー生産・排泄のプロセスがうまくいくようになれば代謝はどんどん良くなって行きます。

新しいコラーゲンを補給し新陳代謝を高めましょう

1日の間に、身体は新陳代謝で1兆個もの細胞が入れ替えています。不要になった細胞は死んでいきます。

その近辺の元気な細胞を分裂させ、2個にし、1ケ月で30兆個、2ケ月で60兆個が新しい細胞になります。

私たちの身体の細胞は、60兆個と言われています。単純に計算すれば、1ケ月で30兆個、2ケ月で60兆個が新しい細胞になります。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、癌などの病気をつくらない体にしてくれます。     

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/