読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がん患者の8割は「栄養失調」で亡くなっている

「がん患者はがんによって亡くなると思われるでしょうが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連している可能性があります。そうした感染症はがんによって引き起こされたものではありません。その多くは、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と考えられます。栄養不足で免疫力が低下し、健康な人なら何ともない弱い細菌に感染し、回復できずに亡くなっています。

 がん患者が亡くなる本当の原因が栄養不足であるという現実を治療に役立てできれば、がん患者はもっと長生きできるはずです」

余命1か月程度と思われる患者108人を調査された結果、がんとは関係なく栄養不足に陥っている人が82.4%もいることが判明され、その大半は感染症などで亡くなったという。同様の問題が米国の調査でも指摘されています。

がんがある程度大きくなると、全身の細胞が必要とする栄養分を横取りすることになります。

癌がある程度おおきくなると、全身の細胞に必要な栄養分を横取りすることで、免疫が落ち、肺炎が悪化して死に至ることがあります。 また、末期癌状態であれば、やはり全身転移も起こしているわけで、それにより多臓器も機能不全に陥るでしょう。 肝臓癌では、癌が大きくなればそれだけ正常な肝臓の細胞が少なくなります。必要な代謝を維持できなくなります。タンパク質の生成が減ると、腹水や胸水がたまり、呼吸機能が低下します。アンモニアの解毒ができなくなると、肝性脳症とよばれる昏睡状態にもなります。肝臓が悪化すると肝腎症候群とよばれる病態へとつながり、腎機能も悪化します。腎臓が働かないと、全身の電解質バランスが崩れ、心臓も止まります。

毎日の食事は、人の細胞を2ヶ月で良くも悪くも変化させる

元気のある細胞を無理なく作れるのは、手造りの食事です。

食事療法がなぜ効くのかといえば「病気が治る原理」に最もかなっているからです。

身体が欲している栄養素をしっかり摂って、毒となるものを排除し、消化・吸収・エネルギー生産・排泄のプロセスがうまくいくようになれば代謝はどんどん良くなって行きます。

1日の間に、身体は新陳代謝で1兆個もの細胞が入れ替えています。不要になった細胞は死んでいきます。

その近辺の元気な細胞を分裂させ、2個にし、1ケ月で30兆個、2ケ月で60兆個が新しい細胞になります。

私たちの身体の細胞は、60兆個と言われています。単純に計算すれば、1ケ月で30兆個、2ケ月で60兆個が新しい細胞になります。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

細胞を活性化する生育光線

子どもの頃、痛くなったお腹をお母さんにさすってもらうと、痛みが和らいだという記憶はありませんか?それは、お母さんの手から発している遠赤外線が吸収され、自ら発している遠赤外線と共鳴し、エネルギーが熱に変わり身体を内部から温め、痛みが緩和されたからです。

遠赤外線の中でも、最もいいのが「生育光線」です。

遠赤外線の中でも4~14の波長のものは「生育光線」と呼ばれ、 生体の代謝、成長、育成に不可欠なエネルギーが集中している重要な波長です。 私たち人間の波長は、健康な人で6~14だといわれています。 したがって、同じ波長である生育光線は、人間と最も共鳴現象を起こしやすい波長なのです。生育光線がもつエネルギーは皮膚から吸収され熱に変わり、その熱が血液に伝わり血管の拡張や、血液の循環を良好にし、結果的には新陳代謝の促進が期待できるといわれています。

体の芯からぽかぽか温まるドーム型遠赤外線ボディヒーターは、面状発熱体による輻射熱を利用したヒーターで、効率よく遠赤外線を輻射し、体の表面から伝播した熱が血流によって全身をめぐる事で、身体の芯まで暖める事ができます。また、遠赤外線輻射熱による熱しやすく冷めにくい特徴から、ぽかぽかとした心地良い温もりが持続します

http://ckkm.main.jp/kyotomura91.htm

ぽかぽかになって熟睡

http://ckkm.main.jp/kyotomura92.htm

f:id:kyotomura4592:20170114061343j:plain

岩盤浴で有名な秋田県玉川温泉は、療養湯治場として大人気です。その効果は土壌、岩盤から発生する微量の放射線ラジウムが身体の細胞に直接働きかけ活性化させ新陳代謝が向上、免疫力や自然治癒力を高める効果を生み出しています。またガイドラインの中で安全で効果の実証出来ている微量の放射線を継続的に使用することで身体に有益な効果をもたらす。これらの効果をホルミシス効果と呼んでいます。

http://ckkm.main.jp/kyotomura95.htm