読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭でも出来る温熱療法

ぽかぽか熟睡

子どもの頃、痛くなったお腹をお母さんにさすってもらうと、痛みが和らいだという記憶はありませんか?それは、お母さんの手から発している遠赤外線が吸収され、自ら発している遠赤外線と共鳴し、エネルギーが熱に変わり身体を内部から温め、痛みが緩和されたからです。

遠赤外線の中でも、最もいいのが「生育光線」です。

遠赤外線の中でも4~14の波長のものは「生育光線」と呼ばれ、 生体の代謝、成長、育成に不可欠なエネルギーが集中している重要な波長です。 私たち人間の波長は、健康な人で6~14だといわれています。 したがって、同じ波長である生育光線は、人間と最も共鳴現象を起こしやすい波長なのです。生育光線がもつエネルギーは皮膚から吸収され熱に変わり、その熱が血液に伝わり血管の拡張や、血液の循環を良好にし、結果的には新陳代謝の促進が期待できるといわれています。

体の芯からぽかぽか温まるドーム型遠赤外線ボディヒーターは、面状発熱体による輻射熱を利用したヒーターで、効率よく遠赤外線を輻射し、体の表面から伝播した熱が血流によって全身をめぐる事で、身体の芯まで暖める事ができます。また、遠赤外線輻射熱による熱しやすく冷めにくい特徴から、ぽかぽかとした心地良い温もりが持続します

http://ckkm.main.jp/kyotomura91.htm

ぽかぽかになって熟睡

http://ckkm.main.jp/kyotomura92.htm

f:id:kyotomura4592:20170114061343j:plain

岩盤浴で有名な秋田県玉川温泉は、療養湯治場として大人気です。その効果は土壌、岩盤から発生する微量の放射線ラジウムが身体の細胞に直接働きかけ活性化させ新陳代謝が向上、免疫力や自然治癒力を高める効果を生み出しています。またガイドラインの中で安全で効果の実証出来ている微量の放射線を継続的に使用することで身体に有益な効果をもたらす。これらの効果をホルミシス効果と呼んでいます。

http://ckkm.main.jp/kyotomura95.htm