読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の癌治療は、アメリカに遅れている!

  

1 999年、アメり力議会に提出された技術評価局報告書は、  「抗がん刑、放射腺などは病巣を一時的縮小させるが,この縮小は無意味であり、延命効果が認められないうえに,患者の生活の質を悪化させると断定されています。                                                                            
  抗がん剤を使うと、がん細胞が急速に抗がん力をつけ、かえって悪化するだけでなく、患者の免疫や肝臓などの機能が破滅的打撃をうけるという意味です。

厚生省の研究班も、手術後の抗がん剤の使用について「延命効果、生活質の向上効果がない」ことを1998年に認めています

アメリカでは、「代替医療」の比重を高くすることを国家プロジェクトとして行い、アメリカが30年くらい前から、放射線治療、抗ガン剤治療、手術などの三大治療から脱しはじめて、 食事、健康食品、東洋医学、瞑想、音楽療法などが行われています。

WHO(世界保健機関)が、医学的根拠があるとして認めている代替え医療、

・栄養免疫学を背景とした食事療法

・機能性食品などのサプリメント療法

・ストレスを減らして免疫力を高める心理療法

東洋医学(漢方・鍼灸・気功など)

・インド医学(アーユルヴェーダ

http://ckkm.main.jp/