癌克服・癌医療情報

がん医療情報

前立腺がんを抑えるトマト

 f:id:kyotomura4592:20161220084702j:plain

前立腺がんを予防するには、緑黄色野菜は効果大です。その中でもトマトは前立腺がんを強力に抑える効果があります。これは、トマトの赤い色素成分であるリコピンの働きによるものと考えられています。 リコピンは、優れた抗酸化力を持っており、活性酸素を消去してくれる働きをします。リコピンの抗酸化力は、同じ抗酸化成分であるβ-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上と言われています。 リコピンは全身の中で前立腺や睾丸に溜まりやすいという特徴があり、前立腺がんの増殖にかかわるホルモンの量を調節して、ガンの増殖を抑える働きをしているとも言われます。 米国のブリガム女性病院とハーバード大学は、5万人に近い男性を調査した結果、前立腺がんを発症した人と、それ以外の食生活を調べたところ、トマトケチャップやトマトソースなどのトマト加工食品を週に2回以上食べていた人は、そうでない人に比べて、前立腺がんにかかる危険性は、36%も低かったといいます。 リコピンは、薄い色のトマトより、赤色のトマトに多く含まれています。特に赤色のミニトマトには、豊富に含まれており、トマトを加熱調理して、油と一緒に摂ったりすると、体内へのリコピンの吸収率が高まることも分かっています。  前立腺がんの予防のために、トマトは毎日摂ることをおすすめします。ミニトマトを丸ごと焼いたり、トマトソースにしたりすれば、リコピンを効率よくとることができるとされています。

前立腺ガンの兆候

1.頻尿や残尿感がある。 2.尿の切れが悪い。 3.腰痛が起こる。 4.むくみがある。

http://ckkm.main.jp/