癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌を攻撃する免疫力のスイッチは、腸にある

免疫力を高めるために、注目したいのは毎日の食事。それは、食べた物がすぐに腸内の働きに影響を与えてしまうためです。 私たちのカラダは、口を入り口として胃・腸から肛門へと続くトンネルのような構造になっています。つまり、腸は体内にありながら、皮膚と同じように外界にさらされているのです。食事や呼吸をするたびに、腸は食べ物だけでなく、病原体となる細菌やウイルスにも毎日触れることに。

そこで、活躍するのが腸に大勢待ちかまえる免疫細胞たち。その数は免疫細胞全体の約6割にもおよびます。それだけに、腸に存在する免疫細胞のチカラを活性化できる食べ物を摂っているかどうかが、免疫力を大きく左右するのです。つまり、腸内の免疫細胞を強くすることが、免疫力を高めるスイッチです。

http://ckkm.main.jp/