読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌が発症しない免疫力値は、白血球数が1立方ミリメートル当り5000~9000

白血球数(WBC)を測定する事で免疫システムが正常に動作しているかが判ります。

白血球は、体外から侵入してきた細菌やウイルス、異物を排除するはたらきがあります。傷などにより炎症を起こしたりウイルスからの感染症になった時に白血球は進入してきたウイルスと戦います。

また、赤血球は骨髄で作られていますが、いつでも戦えるように血液中以外に血管や臓器でプールされ炎症などが発生した時に動員がかかり迅速な対応も可能になっています。

白血球は、赤血球ほど数は多くありませんが、体内の免疫機能として大切な働きをしている血液細胞です。血液検査では、白血球をWBCと表記される事も多いです。また、白血球の血液検査の基準値は、3500-9500とされている事が多いです。

しかし、末梢血内の白血球数は個人差が大きく、また風邪や炎症などで白血球の検査値は短時間で変動をします。その為に検査機関で定めている白血球の基準値にも違う事もあります。特に血液検査で白血球数が少ない時には注意が必要です。

白血球数が1立方ミリメートル当り5000以下になるとウイルスや細菌に対しての免疫力が低下し生命を維持するのに危険な状態といえます特に白血球の中でも強い殺菌作用を作り出す免顆粒白血球減少症が2000以下となると身体の抵抗が極度に衰え死亡率が一気に高くなります