読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌の治療を助ける生育光線

f:id:kyotomura4592:20161210200859j:plain

生育光線とは、太陽光線の中に含まれる遠赤外線の中でも、特に生物にとって有効

に働きかける波長をもつものを生育光線、または健康光線と呼んでいます。

その波長は、およそ6~14μ m(ミクロン)で、私たちの体も同じような波長 の生育光線を放射しているといわれています

 <生育光線の働きは>・・・・

生物がみずから発する生育光線 と、外 から放射される生育光線とが共鳴し、水分子の活動が 活性化され、クラスター(水分子の集団)が小さくなります。ま た、生育光線によって体内の水分子が振動を起こすと、共鳴 吸収により熱反応となり皮下深層に作用し、微細血管の拡 張、血液循環の促進、組織の活性化、酵素の生成促進、代謝 の促進などが行われます。生育光線は水分子に働きかけるの で、生物の成長のほか、食べ物、飲み物、空気中の水分にま で影響を及ぼします。生育光線の<期待できる効果>は次の 通りです。

 

*血液の流れを良くする *疲労の回復 *痛みを和らげる

*発汗作用を促進する *あたためる*反射神経が良くなる

*体内の重金属を排泄する *安眠効果*防臭・防カビ効果

*防菌・防湿効果  *鮮度を保つ  *空気の清浄化・他。

http://ckkm.main.jp/