読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今とても注目されているミドリムシ

ミドリムシの体長はわずか約0.05mmで、髪の毛の太さがおよそ0.07mmなので、髪の毛よりも小さいことになります。 その姿をはっきり見るためには顕微鏡で見るしかありません。

また、ミドリムシのすごいところは、パラミロンという独自の成分を持っていることです。 パラミロンを含む生物はミドリムシの他にはいません。ミドリムシだけが持っています。

動物的性質をもっているので鞭毛(べんもう)運動をします。鞭毛という表面にある糸状の突起を使って動くのです。 そして同時に植物として葉緑体を持っていて光合成も行います。 「動きまわる藻」と思っていただけたらわかりやすいと思います。

光合成によって成長していくので太陽光と水、二酸化炭素で育ち、 その栄養素の生産効率はなんと稲の約80倍とも言われています。 また、生存能力がとても高いので、大気中の約1000倍という高い二酸化炭素濃度の中でも成長していけます。 このことから地球温暖化対策にとても有望であると期待されています。

動物性と植物性の両方の性質を持っているので、動物性と植物性の両方の栄養素も持っています。 アミノ酸18種類、不飽和脂肪酸13種類の動物性栄養素と、ビタミン13種類、ミネラル10種類の植物性栄養素、 さらにミドリムシ特有成分である免疫向上成分のパラミロン(β-グルカン)などの 5種類の特殊成分をバランスよく含有しており、完全栄養素とも呼ばれています。 ミドリムシを摂取すれば、1度に両方の栄養素を得ることができるので、 人々の栄養不足や栄養バランスの乱れを解決する一助となる「未来の食材」として期待されています。 体長は小さいけれどたくさんの栄養がつまっているミドリムシは、今とても注目されている生き物です

http://ckkm.main.jp/