癌克服・癌医療情報

がん医療情報

、「太陽は良薬である」

驚かされる先人たちの知恵
古くはエジプト第5王朝時代には、国王をはじめエジプト人が盛んに日光浴や日光療
法を行っていたことが遺跡から確認されています。エジプトの王様アメノフィース4世
が、家族と共に日光裕をしていると思われる石版の彫刻なども遺跡から発見されていま
す。
「いかなる患者もなるべく日光に当たるようにすべきである。傷は新しい古いにかか
わらず日光にさらすのがよい。動ける患者はもとより、寝たきりか、座ることしかでき
ない患者もできるだけ日光に当てなければならない。日光裕は、内臓の分泌が高まり、
発汗を増して筋肉を強くし、脂肪の蓄積を防ぎ、腫瘍を縮小し浮腫を減ずる。また呼吸
は深く活発になるため胸部の狭い人は拡大し、肺臓を強くして肺の病気に効果をもたら
」これはローマの外科医アンチロスの言葉です。

 

 

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。