癌克服・癌医療情報

がん医療情報

、「太陽は良薬である」

驚かされる先人たちの知恵
古くはエジプト第5王朝時代には、国王をはじめエジプト人が盛んに日光浴や日光療
法を行っていたことが遺跡から確認されています。エジプトの王様アメノフィース4世
が、家族と共に日光裕をしていると思われる石版の彫刻なども遺跡から発見されていま
す。
「いかなる患者もなるべく日光に当たるようにすべきである。傷は新しい古いにかか
わらず日光にさらすのがよい。動ける患者はもとより、寝たきりか、座ることしかでき
ない患者もできるだけ日光に当てなければならない。日光裕は、内臓の分泌が高まり、
発汗を増して筋肉を強くし、脂肪の蓄積を防ぎ、腫瘍を縮小し浮腫を減ずる。また呼吸
は深く活発になるため胸部の狭い人は拡大し、肺臓を強くして肺の病気に効果をもたら
」これはローマの外科医アンチロスの言葉です。

http://ckkm.main.jp/