癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌克服

良いサプリメント摂っても、腸内環境が悪かったり、体の代謝が悪かったりしますと、サプリを摂る意味がなくなります。

食生活を改めて、プロテサンを積極的に摂取しますと、善玉菌が増えて、腸内環境が整います。腸環境が整えば、健康になるキレイな血液やエネルギとなる体液などが作られ、免疫力や治癒力が高まり、病気を治す環境が整います。

コラーゲンは、健康の基盤になる必須の食品で、栄養は、カラダ中の血管を通して、60兆個の細胞に運ばれますが、直接細胞に届くのでなく、コラーゲンを通して運ばれます。 つまり、コラーゲンは栄養の「通り道」になり、コラーゲンが古くなると、細胞に栄養がスムーズ届かなくなり、老廃物が滞るために、細胞が老化しますから、癌などの病気が発症します。

コラーゲンは、20歳をピークにして、減少と老化が進み、60歳では、硬化して約半分になります
高分子コラーゲンをしっかり摂取しますと、古いコラーゲンと入れ替わり、代謝がよくなり、細胞が活性化して若さが戻るだけでなく、免疫力や治癒力が高まり、癌が発症したり再発した場合に、免疫力が素早く攻撃してくれます。

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

 

 

f:id:kyotomura4592:20161120214902j:plain