大腸がんステージ3で治る確率は8割

大腸がんは、ステージ3でも治る確率は8割

大腸がんは、他のがんと比べて進行が早いわけではありません。突然、大きながんや、進行したがんができるのではなく、最初は小さな「ポリープ」と言われるものが、だんだん大きくなり、がんになります。

がんも小さなものからだんだん大きくなる過程を経ますから、例えば、小さなポリープができてから、手術が必要になるがんになるまでの期間は、少なくとも2年以上だと言われています。

がんの中では、大腸がんも胃がんと同様に、適切に治療すれば治りやすいものです。がんには進行度合いに応じてステージがあります。

大腸がんの場合、ステージ3までに発見されれば、治る確率がかなり高いと思います。

ステージ0は、粘膜の中にとどまっている状態です。

その後、「浸潤」と言って、少しずつ大きくなって壁の中に入り込んでいくのですが、腸の中にとどまっているステージ1やステージ2であれば、かなりの確率で治ります。

リンパ節転移があるものをステージ3と言いますが、今の日本では、ステージ3の大腸がんでも、80%近くは治ると言われています。

ステージ4になると、なかなか治すのは難しなります。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、癌などの病気をつくらない体にしてくれます。                    

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/