読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

乳がん

乳がん

独身女性や出産経験のない人、高齢で初産を経験した人、55歳以上で閉経した人、肥満、高コレステロールの人などに多くみられます。  乳がんは、ほかの部位のガンに比べて発見しやすいだけでなく、進行がゆっくりです。早期に発見して治療すれば転移や再発を防ぐことができます。がんの原因の多くは、欧米化した食生活の影響や、過剰なストレスなどです。乳がんの発症には、女性ホルモンの卵胞ホルモンのエストロゲンが深くかかわっています。  なんらかの原因で女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンが過剰になり、乳腺を刺激して細胞の受容体と結合すると、細胞がガン化しやすくなります。  古くから日本人が馴染んできた大豆や大豆食品(みそ・納豆・湯葉・豆乳など)が乳がんの予防に役立つ食べ物として、注目されています。  大豆には、エストロゲンとよく似た構造のイソフラボンという色素成分が豊富に含まれています。大豆を摂ると、イソフラボンが細胞の受容体と結合して、エストロゲンとの結合を防ぐことで、乳がんのの発生を抑えると考えられています。

乳ガンになりやすい人

1.独身の女性。 2.出産経験のない人。 3.高齢で初産をした人。 4.初潮が11歳以下の人。 5.閉経が55歳以上の人。 6.太っている人。 7.高コレステロールの人。 8.ストレスがたまっている人

http://ckkm.main.jp/