癌克服・癌医療情報

がん医療情報

ガンの嫌いな食べ物は、栄養が豊富なニンジン

ガン細胞の好きな栄養は、塩分と脂肪です。

逆に言えば、塩分と脂肪をガン細胞に供給しなければ、ガン細胞は栄養不足に陥って死滅するのです。
ガンを「兵糧攻め」にするわけです。
ガンの嫌いな食べ物は、栄養が豊富なニンジン
ガン退治で有名なのが、ドイツのマックス・ゲルソン博士が考案したゲルソン療法です。
これは、ガンの好きな塩分と脂肪を断ち、ガンの嫌いな栄養やガンを防ぐ栄養をとって、兵糧攻めの効果を最大にする食事方法です。
欧米では、この方法によって多くのガン患者さんがガンを克服してきました。
ただ、ゲルソン療法には厳しい制約があり、実行するのがかなり難しい療法です。
そこで、もっと簡単な方法を考えると、次のようになります。
それは、塩分や脂肪の摂取を制限して、緑黄色野菜のジュースを飲む方法です。
一日の塩分摂取量は、5~8g。 脂肪は、50g。

緑黄色野菜には、抗ガン作用の強い、β―カロチン、α―カロチン、リコピンルテインなどの成分が豊富で、ガンの嫌いな栄養が豊富に含まれているニンジンが最適です。

ニンジンジュースは、ガン予防ならば、一日一杯飲むようにしましょう。

ニンジン中心に旬の野菜を加えてジュースを作れば、さらに効果が期待できます。

●ニンジンジュースの作り方
ジューサーを使って約300mlを作る場合
材料
① ニンジン 3~4本
② レモン 2分の1個
③ リンゴ 4分の1~2分の1

作り方
① 材料をよく洗って、皮をむき、適当な大きさに切る。
② ジューサーに、ニンジン→レモン→リンゴの順に入れていく。
③ ジュースができたら、かき混ぜてすぐに飲む。

 

 

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」

 

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗がん剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。