ガンが嫌いなニンジン

ガン細胞の好きな栄養は、塩分と脂肪です。
逆に言えば、塩分と脂肪をガン細胞に供給しなければ、ガン細胞は栄養不足に陥って死滅するのです。ガンを「兵糧攻め」にするわけです。ガンの嫌いな食べ物は、栄養が豊富なニンジンです。

 

ガン退治で有名なのが、ドイツのマックス・ゲルソン博士が考案したゲルソン療法は、
ガンの好きな塩分と脂肪を断ち、ガンの嫌いな栄養やガンを防ぐ栄養をとって、兵糧攻めの効果を最大にする食事方法です。欧米では、この方法によって多くのガン患者さんがガンを克服してきました。ただ、ゲルソン療法には厳しい制約があり、実行するのがかなり難しい療法です。

 

もっと簡単な方法を考えると、次のようになります。
塩分や脂肪の摂取を制限して、緑黄色野菜のジュースを飲む方法です。
一日の塩分摂取量は、5~8g。 脂肪は、50g。
緑黄色野菜には、抗ガン作用の強い、β―カロチン、α―カロチン、リコピンルテインなどの成分が豊富で、ガンの嫌いな栄養が豊富に含まれているニンジンが最適です。

ニンジンジュースは、ガン予防ならば、一日一杯飲むようにしましょう。

ニンジン中心に旬の野菜を加えてジュースを作れば、さらに効果が期待できます。

●ニンジンジュースの作り方
ジューサーを使って約300mlを作る場合
材料
① ニンジン 3~4本
② レモン 2分の1個
③ リンゴ 4分の1~2分の1

作り方
① 材料をよく洗って、皮をむき、適当な大きさに切る。
② ジューサーに、ニンジン→レモン→リンゴの順に入れていく。
③ ジュースができたら、かき混ぜてすぐに飲む。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、癌などの病気をつくらない体にしてくれます。

    https://www.kyoto-kenkou-mura.com/